脊柱管狭窄症は治療できる|専門のドクターがいる病院へ行こう

看護師

ストレスを減らします

異常が発見できません

院内

自律神経失調症とは、症状はあるが、病気が特定できないものをいいます。いろいろと症状を訴えるものの、検査をしても異常を発見できないため、病気が特定できない場合を、自律神経失調症という病名で一括りにしています。症状としては、疲れる、冷える、頭痛、立ちくらみ、吐き気、肩こり、腰痛、頻尿など、からだに現れるものと、あせる、イライラする、集中力の低下など、精神面の症状があげられます。これらの症状は、午前中に強く現れ、夜間には消えて、元気になるという傾向があります。原因は、心身のストレスや不規則な生活、環境の変化などであるといわれています。自律神経失調症の場合、ストレスがたまっていないかどうか、本人や周りの人が気にかけるようにします。

ストレスが原因です

人間関係の悩みや仕事の不満、家庭内での葛藤などからくるストレスや、昼夜逆転の生活、生活環境の変化などが原因とされています。そのため、ストレスをうまく解消するように工夫することで、症状が緩和されるというメリットがあります。例えば、人間関係の悩みがあったとすると、ひとりで悩んでいると、ストレスを抱えることになってしまいます。無関係な第三者に話を聞いてもらうことで、少しは心が楽になります。現在は、電話で相談ができる窓口もあります。悩まずに、相談してみるのも一つの方法です。また、規則正しい生活を心がけるだけでも、ストレスを減らすことができます。人間は昼と夜では、分泌されるホルモンが違います。生活リズムを整えることで、体調も整い、自律神経失調症の症状も改善することができます。