脊柱管狭窄症は治療できる|専門のドクターがいる病院へ行こう

ナース

頭痛の原因となる病気

ドクター

脳動静脈奇形は自然治癒不可能な先天性の病気です。出血する恐れがありますから、医療機関を受診すべきです。出血しなくても頭痛を感じることもありますが、自覚症状がない場合もありますので、突然の出血を防ぐためには脳の検査、脳ドッグを受けることが有効です。

Read More..>>

ストレスを減らします

院内

自律神経失調症は、症状があるにもかかわらず、病気が特定できない場合をいいます。原因はストレスとされています。ストレスをためないように気を付けると同時に、生活リズムを整えて、健康的な生活を送るように心がけます。

Read More..>>

優しいクリニック

病院

横浜クリニックはインターネットを使っての情報の公開、サービスなどにも力を入れているなど、来院者に優しいクリニックだと評判です。身体の気になる症状を抱えている場合は、まず相談だけでもしてみるといいでしょう。

Read More..>>

脊椎の老化には注意が必要

腰痛・足痛の原因に

三人の医者

脊椎は身体を支える重要な骨であると同時に、中枢神経を保護する組織でもあります。脊椎は椎骨と呼ばれる骨が縦に積み重なってできていますが、この椎骨は内部に空隙があり、その中を神経の束が走っています。この管状の空間を脊柱管といいます。本来、脊柱管は神経を守る役目を果たしています。しかし老化等によって脊柱管が狭くなると、逆に神経を圧迫するようになります。これを脊柱管狭窄症といいます。脊柱管狭窄症の代表的な症状は間欠跛行です。これは歩いていると次第に足腰に痛みが感じられるようになるが、立ち止まって腰をかがめたりすると治まるというものです。そのため姿勢を工夫することによってある程度症状をやわらげることが可能ですが、根本的な改善のためには本格的な治療が必要となります。

専門医と相談して改善を

脊柱管狭窄症を治療する場合、通常はまず保存療法からはじめます。鎮痛薬や血流改善薬の投与によって痛みをやわらげつつ、理学療法や運動療法などを行って骨を支える筋肉の働きを向上させます。局所麻酔によって痛みを抑える神経ブロックと呼ばれる治療が併用されることもあります。保存療法で十分な効果が見られない時は、外科手術が適用されます。脊柱管狭窄症の手術にはいくつかのやり方がありますが、基本となるのは狭くなった脊柱管を広げることです。そのためには骨や靭帯の一部を削ったり、椎弓と呼ばれる背中側の椎骨をそっくり除去したりといった方法がとられます。脊柱管狭窄症の治療法は症状の程度に応じて選択されるほか、発症時の年齢等も考慮されます。治療に際しては専門医と十分に相談することが重要です。